FC2ブログ





震災後初めての美瑛入り



9月6日の地震からようやく美瑛入りすることができました
当初9月8日に行く予定でしたがさすがに行くことは困難で断念いたしました
宿もキャンセル料発生なく宿の方から連絡が来ました。

道内キャンセル相次ぎ本当に大変な状況です
今日美瑛に来ましたがほんの少し復興に向けて町が動いていました
観光客もほとんどに本人ですが来ていました
安心いたしました


ここは四季彩の丘です
金魚草がとっても色鮮やかに綺麗に咲いていました
十勝岳の噴煙も穏やかに見えました


四季彩の丘1






にほんブログ村
      [ 2018/09/16 00:30 ]   花のある風景 | TB(0) | コメント(6)

向日葵の咲丘


やっと満開の向日葵になりました
夏の終わりの美瑛の丘です
確実に美瑛の丘は秋へ向かってます






向日葵1




もうすぐ白い世界が来るのかと思うと・・・もう少し夏を楽しもうと思います






にほんブログ村
      [ 2018/08/20 00:10 ]   花のある風景 | TB(0) | コメント(6)

向日葵咲く丘






ここ新栄の丘公園には向日葵が咲き始めました
早朝の撮影でした
今度は満開の向日葵を見たいものですね




ひまわり1








にほんブログ村
      [ 2018/08/05 00:10 ]   花のある風景 | TB(0) | コメント(4)

彩りの丘Ⅲ  ~ ファーム富田


この日は満開のラベンダー道新に掲載されました^^
私は載っていないですが・・・・(笑)
平日の朝8時でも駐車場は満車  海外の方がレンタカーを
運転する時代・・・車の後ろに 「 海外の方が運転してます」 と
書かれてありました




ロール1




富田1







にほんブログ村
      [ 2018/07/26 00:10 ]   花のある風景 | TB(0) | コメント(6)

彩りの丘Ⅱ~ファーム富田



この日は満開のファーム富田のラベンダーです
朝早くにも関わらず多くの観光客がいました
駐車場は満車です




tomita 7




tomita 6









にほんブログ村
      [ 2018/07/25 19:00 ]   花のある風景 | TB(0) | コメント(0)

彩りの丘Ⅰ



ラベンダーの花が最盛期を迎えています
ここファーム富田のラベンダーも最盛期です
毎年多くの観光客でにぎわうここファーム富田ですが
今年はちょっと・・・変化がありました




tomita 1


変化は後日お知らせいたします。








にほんブログ村
      [ 2018/07/25 00:10 ]   花のある風景 | TB(0) | コメント(2)

富田ファーム



ベンダーはまだ咲いていなのですが車や観光バスが行ききしています
気になって行ってみると意外に観光客が多くいました



ラベンダーはまだ時期ではないのですが
他のお花が満開でした



オリエンタルポピー

富田4




富田1




富田2

アイスランドポピー

富田3


今のラベンダーはこんな感じです^^


富田5


富田8

7月になればラベンダーの季節
きっと今年も多くの方がここへ来るのでしょうね






にほんブログ村


国内ランキング
      [ 2018/06/26 00:10 ]   花のある風景 | TB(0) | コメント(2)

滝川の菜の花~2018年産作付面積4年連続日本一でしたⅡ



メイン会場への道は渋滞・・・・
よって途中の菜の花を撮影しました
ここでも満足です





菜の花1





菜の花3







にほんブログ村


国内ランキング
      [ 2018/05/29 00:10 ]   花のある風景 | TB(0) | コメント(4)

滝川の菜の花~2018年産作付面積4年連続日本一でしたⅠ


2018年産の菜種作付面積は170haで、4年連続日本一となりました。

今年も行ってきました
4年連続日本一でしたね~~






菜の花4






菜の花5




にほんブログ村

国内ランキング
      [ 2018/05/28 00:10 ]   花のある風景 | TB(0) | コメント(6)

サクランボの花が咲きました



ここ富良野の山部地区はサクランボの花が咲いていました
タンポポも咲きこれから北海道のとっても短い夏が
始まろうとしています




布部4









にほんブログ村


国内ランキング
      [ 2018/05/22 00:10 ]   花のある風景 | TB(0) | コメント(6)